読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

答えはその先に

主にKAT-TUNと関ジャニ∞

少年達の熱い夏を覗いてきた~KAT-TUN及びエイト担によるサマステ雑感~

(カツン担及びエイト担の雑感です)

 

正直、自分がJr.現場に足を運ぶ事になるなんて無いorもっと先のことだろうと

思ってました。

 

きっかけは、セクゾにハマっている従姉を現場デビューさせるためでした。

私も従姉もセクゾFC・Jr.情報局は未加入の為、一般発売で鬼電の末、8/8の昼公演の指定席を押さえることが出来た。

少クラとガムシャラ!は毎週見ていたので、セクゾ楽曲やJr.メンツの予習はほぼ完璧の状態まで仕上げました。

 

VS公演が幕を開け、行かれた方のレポを読んでいると聡ちゃんのソロがヤバいということを把握した。その時点で、自分の参戦日まで2週間あった。

 

7月31日、私は一人で六本木に行き炎天下の中グッズ列に並んでいた。

(聡ちゃんのソロ見たさに居てもたってもいられなくなり、気づいたらチケットを押さえていた)

 

 

前置きが長くなりましたが、感想書きます。

7/31昼と8/8昼と計2回入る事が出来ましたが、まずはパフォーマンスバトルについて。どのチームもレベルの高いパフォーマンスで、会場内の緊張感と熱気が凄まじかったです。(もしYou&Jでこのようなバトルやられたら、色々な意味でとんでもなかっただろうな・・・)

 

そして、聡ちゃんのソロ。

「パレード」はちびっこJr.と共にステッキを使って踊ったりとジャニーズらしい王道でした。

「EVERYBODY UP」~「FORM」は17歳の等身大の色気がダンスや表情に表れていて、双眼鏡必須案件でした。

何だろ、おそらく自分は少年らしい色気に慣れてない・・・!

(カツンの腰使いにはキャーキャー言えるけど、「FORM」での聡ちゃんの腰使いには何も言えず固まることしかできなかった)

 

カツンもエイトも本人達が20歳超えてからのファンなので、10代の男の子を見る機会がほとんど皆無だったのが理由かな・・・うん。

そういう意味でも聡ちゃんの事は拗らせた気しかないので、これからもひっそりと

見守っていきたい所存です。

 

最後にまとめ。

聡マリとJr.がほぼ夏休み返上でこのサマステに日々出演していることを考えると、

少年達の夏にお金を払うことで彼らと同じ夏を共有できる優越感と同時に

彼らの貴重な夏を拘束しているという罪悪感が入り混じったJr.初現場でした。