答えはその先に

主にKAT-TUNと関ジャニ∞

ジャニーズと宝塚①

 

去年から宝塚沼にハマりました。

数年前に何度か観劇はしてはいたものの、当時既にジャニヲタであった私はそこまでのめり込む事はありませんでした。

しかし昨年、低音ボイスで広い肩幅で料理上手で色気の塊であるイケメンな花組男役・瀬戸かずやさん

堕ちてしまいました。(気になった人はすぐさま「瀬戸かずや」で検索してください)

それからはジャニヲタとヅカヲタの二足のわらじとなり万年金欠病が悪化しています。

f:id:rose81:20160324110628p:plain

※愛称は「あきら」です。

(本名でもなく、同期に「あきらっぽい」という理由だけで決められました)

 

 

ここで、自分のためにもジャニーズと宝塚について整理したいと思います。

(最近まじでジャニとヅカの混同がひどい)

 

①形態

ジャニーズ:芸能事務所。男性アイドルの育成・養成。

宝塚歌劇団阪急電鉄の一部門である。

 

②構成

ジャニーズ:CDデビューを果たしたグループと、グループには所属せずに俳優活動に重きを置く人物               (生田斗真風間俊介etc.)に大きく分かれる。センターポジションを固定しているグループ、楽曲やコンサートでの演出によって変わるグループとグループによって異なる。

 

宝塚:花・月・雪・星・宙の5組に分かれており、1組に約70~80人所属。5組のいずれにも所属しない

「専科」もある。また、5組にはトップスターが1人ずついる。

 

③活動

ジャニーズ:グループ活動ではコンサートやTVでのレギュラー番組がメイン。それ以外に個人での映画や舞台ドラマ、ラジオなど多岐にわたる。

コンサートではコンセプトやセットリスト、演出などグループで話し合いを重ねながら決めていくため、本人達の趣向が反映されやすい。

コンサートや舞台などの申し込みは基本的に公演の2~3ヵ月前。

大型連休や年末年始は既に宿が埋まっている事もしばしばなので、自ユニの仕事の流れを先読みして宿と交通機関をおさえるだけおさえることも。

 

宝塚:組ごとに兵庫県宝塚市(通称ムラ)と東京にある劇場を拠点に公演を行う。全国ツアーや外部劇場での公演も。公演する演目は劇団が決める。

年間スケジュールでどの期間にどの組が公演を行うかは前もって把握できる。

演目の発表は公演の6~7ヵ月前。そこから先行画像、ポスター画像、主な配役などが小出しに解禁されて、その演目のお稽古初日(集合日)に組子全員分の配役が発表される。

 

④育成

ジャニーズ:事務所に履歴書を送り、書類審査が通ったらオーディション。オーディションに受かったらジャニーズJr.となりジャニーズ事務所入所。小学校~高校生の間での入所がほとんど。これにより、小学生が年上の自分より先輩という事もよくある。

Jr.になったらまず事務所のダンスレッスン(無料)に通う。先輩グループのコンサートのバックなどで経験を積み、人気が出てきたりすると少クラでの立ち位置が変わったり、アイドル雑誌の取材を受けたりするようになる。Jr.数人でグループを結成する事もあるが、グループが出来たからデビュー出来るわけでもなく、知らないうちに自然消滅したり、グループの中から引き抜いて別ユニットでデビューなども過去にあるため、Jr.のデビュー人事は読めない。

 

宝塚:まず宝塚音楽学校の入学試験を受け(中学3年~高校3年まで受験可能)、合格したら音楽学校で2年間芸事を学ぶ。音楽学校を卒業すると、歌劇団へ入団し同期生全員でラインダンスをする初舞台公演をした後、5組に振り分けられ組配属となる。

入団後7年間は新人公演と呼ばれる研究科1年~7年までの下級生だけで行われる公演がある。(現在公演中の演目で例えると、雪組の「るろうに剣心」でトップスター早霧せいなさんが演じる主役の剣心役を新人公演では研6の永久輝せあさんが演じる)

新人公演や小劇場での主演回数などによりトップスター候補(スター路線)にあがることもあるが、トップの椅子は5つしかないので道のりは簡単ではない。

 

⑤ファンクラブ

ジャニーズジャニーズファミリークラブ。デビュー組ごとにグループのファンクラブがある。会員特典としては、コンサートや舞台の優先申し込み、番協、年4回の会報、誕生日動画など。
コンサートの申込手数料高いし、今のご時世で未だ郵便振り込みだし割と不満ばかり。

 

宝塚:公式ファンクラブは宝塚友の会。優先申し込みがあるが、ステイタス制なためランクがあがらないと当たりづらい事も。
友の会とは別に、ジェンヌさん個人の私設ファンクラブがある。こちらでも公演優先申し込みがあり、会員なら入り待ち出待ちでジェンヌさんに直接お手紙を渡すことが出来たり、公演ごとに開催されるお茶会に参加できる(お茶会は非会員も行ける)。

お茶会では演じる役の話やオフの話を聞くことが出来る。舞台上とは違う一面を見る事が出来るのでギャップに萌え殺される。ジャニーズでお茶会制度があったら間違いなく破産したので無くてよかった。

 

⑥退所・退団

ジャニーズ:グループによってはメンバーの脱退、退所などがある。
脱退や退所については、事後報告なこともあれば歌番組の生放送で翌年の春に脱退、退所するという旨を本人の口から聞くこともある(書きながら辛くなるかつん担の躁鬱)
ジャニーズJr.に関しては、ジャニショでの写真撤去もしくは辞めた本人が始めたTwitterでのつぶやきによって知ることが多い。
どのパターンにしてもファンにとっては心臓に悪い事は確かなのでどうにかしてほしい。

 

宝塚:トップスターは退団する公演の8~9か月前に退団発表がある。それ以外の生徒の退団については退団する公演の集合日に発表される。トップスターは千秋楽に公演の後にサヨナラショーというものを行い、思い出の楽曲などを歌う。千秋楽には退団者が1人ずつ退団挨拶を行う。

  

 

ここまで書いてみて、ジャニーズは少年が成長して大人の男性になるまでの過程を見られること、宝塚は終わりがある美しさ、が醍醐味かなと思いました。

 

最後に。
ジャニヲタが大好きなアンダルシアを星組トップスターの北翔海莉さんが自身のスペシャルDVD-BOXのPVで歌ってますので気になった方はぜひググってください。

 

美形もたくさんいるんで!!!(ジャニヲタ方面に向かって)

f:id:rose81:20160324153458j:plain

上段左から柚香光さん、水美舞斗さん、朝美絢さん

下段左から月城かなとさん、礼真琴さん、桜木みなとさん

この6人みんな同期だから!!!(95期)

 

ジャニヲタ大好物のシンメにも対応しております。

f:id:rose81:20160324153759j:plain

(柚香さん水美さん・通称まいれい。二人とも花組で、2013年のオーシャンズ11の公演でジャニでは萩安がやったモロイ兄弟を演じました)

 

 

 ②ではそれぞれのファンサについて書こうと思います。

 

KAT-TUN楽曲大賞2016 分析

毎年開催して下さっているジャニーズ楽曲大賞さんがKAT-TUN楽曲大賞を企画してくださり、Twitterで楽しみながら結果発表を見る事が出来ました。

投票結果発表KAT-TUN楽曲大賞2016

 

さて、自ユニだけの楽曲大賞ですよ?分析大好き芸人の私が黙って終わるはずがない。

 

 

ということで、年別に楽曲ごと(シングル、アルバム、カップリング、未音源)の

総得票数をまとめてみました。

f:id:rose81:20160322172231p:plain

 

で す よ ね!!!!

1位のハルカナ約束が収録されているデビューアルバムがダントツ。

カップリング曲は去年・今年の楽曲の割合が多いですね。

 

次に、ソロ曲部門の年別得票数をメンバー別にまとめてみました。

※「ムラサキ」や「離さないで愛」などはリリース年で集計しています。

f:id:rose81:20160322180332p:plain

f:id:rose81:20160322180809p:plain

f:id:rose81:20160322180906p:plain

f:id:rose81:20160322181001p:plain

f:id:rose81:20160322181057p:plain

f:id:rose81:20160322181200p:plain

こうやって見ると、一点集中型のかめちゃんにくらべ

ゆっちの楽曲は割と票が分散されていますね。

 

さらに、ソロ曲部門でメンバーごとに最も得票数が高かった楽曲について

当別の得票数を出してみました。

f:id:rose81:20160322190421p:plain

聖担は参加数が少なかったためあまり票数には現れませんでしたけど、

それ以外は該当担が最も得票数が高いという納得の結果。

 

最後に、メンバー別ソロ曲部門総得票数と参加担当人数についてまとめました。

f:id:rose81:20160322191005p:plain

f:id:rose81:20160322191104p:plain

母数的にも亀梨担が多いので自ずと総得票数も多いですね。

 

ざっくりとした分析になってしまいまいしたが、KAT-TUNの10年分の楽曲を

可視化出来たのが嬉しいので、本当に楽曲大賞さんには感謝しかないです。

 

最後になりましたが、

KAT-TUNデビュー10周年おめでとう!!

紆余曲折ありすぎたけど心からKAT-TUNについてきてよかったって思ってるよ!!!

 

10ks!!!!!!

 

少クラ使用楽曲分析③

少クラ使用楽曲分析① - 答えはその先に

少クラ使用楽曲分析② - 答えはその先に

 

これで最後です。

 

【凡例】

・少クラ初回放送2000.04.09~2016.02.09時点

・番組内でJr.及びレギュラー出演者が歌ったデビュー組の楽曲のみを集計

・ジャニーズJr.のオリジナル楽曲は集計の対象外とする

・デビュー組本人による披露はノーカウント

(ただし、本人+Jr.のようにJr.も歌っていた場合はカウント)

・グループごとに楽曲を下記のように色分け

 f:id:rose81:20150916155636p:plain

 

f:id:rose81:20160222145544p:plain

嵐も圧倒的にシングル曲が多いですね。

ちびっこJr.から先輩Jr.まで幅広く歌われている印象があります。

 

f:id:rose81:20160222145854p:plain

1位2位に集中してますね~

この2曲は気づいたら振り完璧に踊れるんですよね(ジャニヲタあるある)

個人的にはリアデラ3位がとてもアツいです!!

 

f:id:rose81:20160222150407p:plain

デビュー曲や初期の頃の楽曲が上位にきていますね。

嵐同様、Jr.の年齢問わず幅広く歌われている印象があります。

 

f:id:rose81:20160222150851p:plain

関西色がある初期のシングル曲が多いですが、それ故か大阪収録の時に

よく歌われていますね。

LIFEが3位なのは意外でしたが、最近はJr.でもバンドスタイルでの披露も増えたからかな。

 

f:id:rose81:20160222151300p:plain

NEWS同様、デビュー曲が首位にきています。

そして、他Gと見比べると圧倒的にアルバム曲の割合が多いですね。

ここ数年では、SixTonesがかつんの楽曲をよく歌っていますね。

 

 

全グループの結果を簡単にまとめました。

 

f:id:rose81:20160222151911p:plain

f:id:rose81:20160222153231p:plain

キンキさんは楽曲数も使用回数も圧倒的首位でした。

どのグループもシングル曲が最も歌われているのに対して、キンキさんはアルバム・カップリング曲が最も多い結果になったのが非常に興味深かったです。

また、かつんの楽曲数が3位・使用回数がV6に次ぐ回数なことから、かつんのジャニーズのアイドルらしい王道をいかない楽曲も支持されているんだなと感じました。

 

次に、シングル曲・カップリング曲・アルバム曲・未音源曲別に集計してみました。

f:id:rose81:20160222153440p:plain

f:id:rose81:20160222153649p:plain

f:id:rose81:20160222153743p:plain

f:id:rose81:20160222153830p:plain

キンキさんはシングル曲とアルバム曲が同数という大変面白い結果になりました。

かつんも全楽曲数に比べカップリング・アルバム曲の割合が多く、さらに未音源曲が5曲もランクインしているという結果に。

かつん担的には、アルバム曲や未音源曲とかマニアックな曲でもJr.に歌われていることが単純に嬉しかったです。

 

【おまけ】

上記の集計に含めていないグループやその他ユニット・ソロをまとめたものです。

f:id:rose81:20160222155612p:plain

f:id:rose81:20160222155807p:plain

地元じゃ負け知らずですね!!!(山猫の興奮冷めやらず)

 Shelterはタッキーやすばるが歌ってた頃の印象が強いな・・・

少クラ使用楽曲分析②

rose81.hatenablog.com

前回の続きです。

 

【凡例】

・少クラ初回放送2000.04.09~2016.02.09時点

・番組内でJr.及びレギュラー出演者が歌ったデビュー組の楽曲のみを集計

・ジャニーズJr.のオリジナル楽曲は集計の対象外とする

・デビュー組本人による披露はノーカウント

(ただし、本人+Jr.のようにJr.も歌っていた場合はカウント)

・グループごとに楽曲を下記のように色分け

 f:id:rose81:20150916155636p:plain

 

今回はSMAPTOKIOKinKi Kids・V6・山P編でいきます

f:id:rose81:20160210134442p:plain

シングル曲がほとんどですし、その中で知らない曲の方が少ないというのもさすがスマさんだなと思います。

ジャニーズに限らずJ-POPの定番曲でもある「世界に一つだけの花」が堂々の首位。

 

f:id:rose81:20160210135258p:plain

TOKIOSMAP同様、シングル曲が上位を占めています。

「君を想うとき」は仁が歌っていたのを思い出してしまうかつん担です(私事)

 

f:id:rose81:20160210140602p:plain

 

キンキさんは首位がアルバム・カップリング曲という非常に面白い結果となりました。

欲レといえばやまとまがよく歌ってましたもんね・・・(懐古)

愛かたも仁亮のハモリは最高だったし、雨のMelodyのばたふらいも・・・・

すみません、ただのかつん担の思い出話に脱線しかけました←

シングル曲と同じぐらいアルバム曲の割合もとても多いですし、アルバム曲でさえ

知らない曲はないぐらい名曲ぞろいというのも分かります。

 特にキンキさんの楽曲は、You&JのJr.時代、えびきすのJr.時代、そして現在と世代問わず万遍なく歌われている印象が強いです。

 

f:id:rose81:20160210141518p:plain

2位タイが3曲ありましたが、ジャニーズJr.必修楽曲と言っても過言ではないぐらい

Jr.なら一度は踊るCandoCangoが首位かと思いきや、ビリスマ!!!

ビリスマなら文句は言えん・・・

 

f:id:rose81:20160210141857p:plain

山Pの楽曲は今の世代のJr.がよく歌っていますね~

シングル曲よりアルバム曲の割合の方が多いのも珍しいです。

 

 

段々と、グループによって結果の違いが出てきました。

次回は嵐・タキツバ・You&Jです。

 

 

少クラ使用楽曲分析①

 

2000年に「ザ少年倶楽部」が放送開始になってから今年で16年が経ちます。

かつてJr.だったタッキー&翼やNEWS、KAT-TUNなどの数多くのデビュー組もレギュラー出演していた事を考えると感慨深いです。

私の少クラ歴は、KAT-TUNデビュー後(小山&中丸司会時代)、

この二人の司会が終わってからは自ユニがゲスト出演する時のみ見るようになった

ので2011~2013年は割と見てないことの方が多く、

そして、2014年。セクゾが気になり始め、毎週録画を再開。

そこで気になったのは「どのグループの楽曲をどのくらい歌ってるか」でした。

毎週見てるうちに「あれこの曲先月も歌ったよね」っていう曲もちらほら出てきたり

しました。この時、私の心の中の分析芸人が突如姿を現し、私は16年分の少クラの歴史を辿る旅に出ました。

 

【凡例】

・少クラ初回放送2000.04.09~2016.02.09時点

・番組内でJr.及びレギュラー出演者が歌ったデビュー組の楽曲のみを集計

・ジャニーズJr.のオリジナル楽曲は集計の対象外とする

・デビュー組本人による披露はノーカウント

(ただし、本人+Jr.のようにJr.も歌っていた場合はカウント)

・グループごとに楽曲を下記のように色分け

 f:id:rose81:20150916155636p:plain

 

 まず、マッチさん、光GENJI、少年隊。

f:id:rose81:20160209175447p:plain

f:id:rose81:20160209175506p:plain

f:id:rose81:20160209175520p:plain

 

ジャニーズの中でも定番の楽曲が上位を占めていますね。

 

続いて、一気に若手に飛んでJUMP・キスマイ・セクゾ・エビ

ジャニーズWESTは少クラレギュラー出演で、本人達のみでの歌披露のため

集計には加えていない事をご了承ください。

 

f:id:rose81:20160209180107p:plain

※BEST及び7の楽曲もグループ楽曲としてカウントしております。

 

f:id:rose81:20160209180308p:plain

f:id:rose81:20160209180357p:plain

f:id:rose81:20160209180457p:plain

 

レギュラー出演中のえびせくは自ずと数が少なくなっていますが、

キスマイは楽曲数に比べて使用回数の方が多いと感じました。

この4グループは今まさに少クラに出演しているJr.たちがよく歌っていますね。

 

 

数回に分けて、他のグループも行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関ジャニ∞セットリスト分析②

rose81.hatenablog.com

 

前回の続きです。

今度は各楽曲ごとに歌われた回数がどのくらいかを見ていきます。

 

<凡例>

2004~2014のライブで歌われた回数を

シングル・カップリング・アルバム・未音源毎にカウント

 

 

f:id:rose81:20150904124806p:plain

盛り上げソングの鉄板であるズッコケとデビュー曲のいろは節が同率トップに。

ズッコケはリリース年の47から去年のニズムまで毎年歌われています。

(セットリスト分析①参照)

上位は盛り上がる楽曲かつ初期~2008年ぐらいまでの楽曲が多いです。

 

f:id:rose81:20150904125449p:plain

ヘヴンリーにクルマジと初期曲が上位に。

ここ数年のカップリング曲があまり入ってないのが顕著に分かってしまう・・・

ライブでのカップリング曲の披露が減ったのは2011年からですが、

この年から3ヵ月連続リリースがあったりとアルバム発売までの間にシングルリリースが増えたからっていうのも要因だと思います。

 

 

f:id:rose81:20150904125804p:plain

ロマネやミセテクレなどアルバム曲から鉄板曲へと育った楽曲が上位にランクイン。

そして、ブリュレが3位という多さ。

アルバム曲は大体アルバムを引っ提げたツアーで歌って終わりのものも多い中、

上位に挙がっている曲はやはり初期曲が多いです。

 

f:id:rose81:20150904130231p:plain

アグリーが圧倒的!

ここ数年は歌ってませんがこの楽曲もライブでは鉄板ソングの一つです。

口笛とかまた歌ってもらいたい・・・。

 

<総括>

楽曲別に見ても、全体的に初期曲の方が歌われている回数が多いことから

初期曲の多くがライブで育っていったことがわかります。

しかし鉄板ソングがあると同時に、良曲なのに披露数が少ないor1回しか歌われていないなどの所謂「捨て曲」も多くあります。

これは、昔に比べて楽曲が増えたからこそだと思うので致し方ないとは思いますが・・・(贅沢な悩みだというのは分かってるけどね)

 

 

~おまけ~

アンコール(ダブル等も含む)で歌われた楽曲も集計してみました。

<凡例>

f:id:rose81:20150903130034p:plain

上記のように楽曲を色分け

 

f:id:rose81:20150904131630p:plain

安定の無限大です。全体的にはシングルが多いですね~

 

 

さて、今回の分析を踏まえて冬のツアーがどうなるのか楽しみです!!!

関ジャニ∞セットリスト分析①

 

リサイタルも残すところあと2か所、アルバムリリースと

ライブツアーも決まりました。

ライブが決まるとまず気になる点として「セトリ」があります。

エイトのセトリに関しては「カップリング歌わなすぎ問題」や

十祭で披露される前までは「イエローパンジーストリート歌わない問題」など、

大なり小なり不満がある時もありました。

 

Hey!Say!JUMPがUltra Music Powerを何回コンサートで歌ったのか数えてみた -Hey!Say!JUMPセットリスト分析(前編)- - 過激な思想

 

以前、この方のブログを拝見した時に「これはエイトも分析すれば何か見えてくるかもしれない・・・」と思い、上記のブログのやり方を参考にさせていただき分析を行ってみました。

 

<凡例 >

・下記のようにセトリを色分け

f:id:rose81:20150903130034p:plain

・★はアンコール、★★はダブルアンコール

・OVERTUREやMCは省略

・映像化されている公演はそのDVD及びBlu-rayのセトリを使用

・映像化されていない公演は写真集「for.No∞」に掲載されているセトリや雑誌レポに記載されているセトリを抜粋

・同ツアーで会場サイズなどの違いによりセトリに変更があった場合は

両方ともカウント(例:8UPPRES、8EST)

※個人で調べた範囲ですので、全公演分ではないことはご了承ください。

※リサイタルは静岡に入る予定で、まだセトリのネタばれを踏んでいないため

分析には入れていません

【追記】リサイタルのセトリ追加しました。

 

f:id:rose81:20150903131235p:plain

f:id:rose81:20150903131411p:plain

f:id:rose81:20150903131744p:plain

f:id:rose81:20150903131809p:plain

 f:id:rose81:20150914132520p:plain

 

・1曲目はシングルがやはり多いですね。アルバムを引っ提げたツアーであっても、アルバムのリード曲をオープニングに持ってきてるのは去年の関ジャニズムぐらいです。

・8EST以降、アグリー歌ってない問題(=未音源楽曲歌ってない問題)

・個人的には5大ドームやり始めた2011年からセトリの全体的な流れが変わったかなと感じた。

・2008年の集合はソロもあってユニットもあって楽曲のバランス的にもかなり良いと思う(映像化していないのはずっと根に持ってる)ただ、アルバム引っ提げたツアーだとアルバム曲を組み込まなければいけないという縛りがある分、カップリングも未音源もバランス良くっていうのが難しいのはわからなくもないけど、せめてリリースした年に何曲か漏れたとしてもなるべく消化してほしい。

・JUKE BOXではカップリング曲が1曲だけなのに対して翌年のニズムでは4曲歌ってる事から十祭開催に伴ってJ-webで集めたアンケートとハチフェスのランキングがだいぶ反映されていることがわかります。

 

【追記】

リサイタルのジャニーズメドレーは十祭のニ番煎じ感は否めないものの、

持ち歌がモンじゃい以外シングルというのが逆に潔いよね。

(それだったら全部シングルで揃えてほしかった)

 

 

個人的にはソロもたまにはがっつりやって欲しい・・・